『アイビスペイントX』を使って手描きのプロフィールアイコンを作成

先日までは似顔絵メーカーで作成したアイコンをプロフに使っていたまっちょさん。
Twitter等で他の人のアイコンを眺めながら「自分も世界にひとつだけの手描きアイコンが欲しいなあー」などと思う日々。

そう、絵描きの端くれとしてはね!(`・ω・´)キリッ
(※ここでの絵描きの定義は趣味でもなんでもいいから絵を描く全ての人です)

実は以前使っていたペンタブのペンを実家で紛失していたので、この機会にお手頃価格なペンタブの購入を検討するも、PCはDVDドライブが故障していてドライバーをインストール出来ず、スマホはiPhoneには対応していないなどの問題が。
もしペンタブを買うなら他のデバイスも買い替えねばならない現状。 噓でしょ年末に車検控えてるんですけど…

そうだ!スマホに指で直接描けるアプリがあったはず…!
°˖✧(⁰▿⁰)✧˖°

と、思い立ったが吉日!有言実行三姉妹!(古い)
早速App Storeで検索して、利用者も多く評価が高い【アイビスペイントX】に辿り着きました。


そこから10分くらい経過。

えええ…
指で直接描くの、思った以上に難しいんですけどこれ。

ネットでよく見かけるアイビスで美麗な絵を描いている人達なんなん…
_(꒪ཀ꒪」∠)_

一応3Dモデルみたいな機能もあるけど、そこからどう下書きを発展していいのかわからない。

そうこうしているうちに、写真が取り込めることに気が付いたまっちょさん。
スケッチブックにアナログでラフを描きスマホで撮影。

アイビスペイントX プロフアイコン作業中01

それを読み込んで明るさとコントラストをいじって線画にしたあと、レイヤーの表示を薄くしてこれを下書きレイヤーとしました。
その上に新規レイヤーを作ってペン入れしていきます。


色塗りも失敗した時のために部分ごとに細かくレイヤーを分けよう…って

アイビスペイントX プロフアイコン作業中02

レイヤー16枚くらい作ったあたりからめちゃくちゃ動作重い。
そして工程ごとに「キャンバスサイズを小さくするかレイヤーを減らしてください」みたいなメッセージが表示されます。

そうね。写真そのまま取り込んだからキャンバスサイズ無駄に大きかったわ
\(^o^)/オワタ

何故かチュートリアルを読み飛ばすまっちょさんはキャンバスサイズを変えるメニューが分からず、数十分は動作が重たいまま奮闘していました。
結論としては下段の左から2つめのメニューを開いて解決!

アイビスペイントX プロフアイコン作業中03

いや、ここまで塗る過程で範囲自動選択やスポイト、塗りつぶしを使うのに散々ここのメニュー開いてたよね?


一通り塗りまで終わり。
ペン入れの時点でところどころ線を書き換えてしまうので、さっきの下書きと比べるとこのビフォーアフターですよ。

アイビスペイントX プロフアイコン作業中01
アイビスペイントX プロフアイコン作業中04

こうして比べてみるとサインペンのラフの方が味があるな…


「黒だと線が強いかしら?」と思い、フィルターメニューで線画レイヤーの色を変更して、500×500ピクセルに切り抜いて完成にしました。
線を茶色っぽくしたらハイライトの色がわかりづらくなったのでハイライトは白にしました。

20221003_プロフィール画像 500*500

手に持たせたゲーム機は家にあったPS VITAの2000。プロフ画像でVITA持っててブログタイトル画像はゲームキューブで、実際のゲーム感想記事を開けてみたら主にSwitchかスマホゲームって…
(°Д° )


アイビスペイントは作業過程が早送りの動画で観れるのもなかなか面白いのですが、今回はあまりにも使い方がわからずに試行錯誤しすぎたので動画は割愛させていただきます。

ともかく、これで簡単なイラストは描けそうなので、これからブログやSNSで出来ることが広がったような気がします。具体的に何とかはまだ考えておりませんが。

その前に、まずは指で線を描くことに慣れないと…!!!

そんな何気ないまっちょさんの日常はこちらもどうぞ! ▶ 『まっちょさんの雑記帳』雑記 カテゴリ―一覧


人気ブログランキング 
にほんブログ村


ツイッターフォロー用バナー