先月ミニチュアの模型を作ったことで、他にも何か作ってみたくなったまっちょさん。
今までガンプラと言えばHGユニコ-ンと、あとは子供の頃にSDガンダムやBB戦士シリーズ(懐かしい…)しか作った事がなかったのですが、バイトくんと「MGシリーズを作ってみよう!」という話に。

早速エディオンに行って商品を探す我々。
個人的には視聴したことがある作品のものがいいし、羽のついてるやつが格好良いと思っているのでフリーダムやウイングガンダムを提案するも「まだ早い」と却下。

バイトくんは過去に MGのボールを作ったことがあるのと、『家に置いてあったやつを友人が組み立てた』アッガイを所持していて「つるんとしたやつでも内部から作るから結構細かいですよ」と説明される。

向こうは1人1体ずつ買うつもりでいたらしいのですが、自分が初心者なので共同で作ってもらう事にしました。


結局、入門編ということで表題のMS-06ザクⅡを購入。
所有権はバイトくんにありますので私はあくまでもお手伝いというスタンス。

MG MS-06 ザクⅡ外箱

うんうん。つるんとしていてこれなら簡単に組めそう…と思いながら開封。

MG MS-06 ザクⅡ開封

えっ?パーツ細かくない?!!
(°Д° )

なるほどこれはいきなり羽の付いたガンダムとかを購入していなくて良かったわ。
ユニコーンとかHGでも細かいと感じていたのにMGどうなるんでしょう…


ここからは作業過程の画像が何枚か入りますが、バイトくんが割とバリ取りとかせずに組み立てていくのでそちらにある程度合わせています。
気になる人は気になってしまうかもしれませんがご了承ください (※とか言うほど自分も器用ではないです)

胸部から取り掛かるのですが、コクピットにパイロットを入れたりとなるほど細かい。
初めは胸部と言われても内部から作るのでピンとこないのですが、ある程度組んでいくと確かにザクの形になってきます。

MG MS-06 ザクⅡ胸部

ああーザクだわ。これもうザクだわ!
ジオン軍の工場で働いてる労働者ってこんな気持ちなんだろうなあ!

この調子でどんどん組んでいけばザクに近づいていくわけですね

MG MS-06 ザクⅡ製作途中①

あれ?なんか遠ざかった??

これはこれで他作品にこういう雑魚戦闘員いそう。

頭部パーツ組み終わったらそれなりにザクでした。
右脚まで組み立ててこの日は解散。ちなみにここまで7/24の話です(相変わらずブログ更新が遅い)

MG MS-06 ザクⅡ製作途中②

なんかバイトくんが「\(^o^)/オワタ」みたいなポーズにしておりましたのでそのまま撮影。

MG MS-06 ザクⅡ膝関節チェック

ていうかMGシリーズ関節可動域すごくないですか?!!
こんなに曲がるもんですね、ほえええ。

とか言いながら「脚に付けたバネが外れたらパイプとかプチ参事じゃない?」とヒヤヒヤしながら曲げているチキンです。

写真を撮っていなかったですけど、脚カバーの下の可動域もパーツが細かくて、見えないところの作りがすごいです。転写タイプのシールを貼ったりもしました(外側のシールは素組みの後にスミ入れしてから貼ろうという事になっているので、カバーをしてしまう内部パーツだけ先にシールを貼りました)


で、7/28に再び集合。

日中はポケモンユナイトをやったりしていたので作業再開は夕食以降から。ちなみに土用の丑の日なので鰻を食べました(聞いてない)

残るは左脚と腰部、そして武器パーツ。
YouTubeでFGO生放送(2日目)を観ながらの作業でしたが、左脚と腰部は主にバイトくんが作ってくれました。
武器はザク・マシンガンをバイトくんが、それ以外の武器を私が作りました。

武器はグレーのパーツでニッパー跡が白く目立つので、自分が担当したところはガンダムマーカー(スミ入れ用グレー)で塗りつぶしたあとにティッシュで拭き取るという方法を取りました。昔ガンプラをよく作っていた知人に教えてもらった方法です。ネイビーのパーツもこれで誤魔化せます。


素組みまでは終わりましたー!
٩(ˊᗜˋ*)و

MG MS-06 ザクⅡ素組み

上で「関節可動域すごい」などとのたまっておきながらこんなポージングですよ。

本当は『腰を深く落とし真っ直ぐに相手を突いた』なDQ6のハッサンみたいな感じにしたかったのですが、腰を深く落とすと自立できないので断念しました。これだと「カニ食べ行こう」のPUFFYです。一体何を言っているんだ…


そしてこちらが『武器を構えているところを撮ろうとしたけど、腰が引けててなんかコレジャナイ感 』になってしまったザク。

MG MS-06 ザクⅡ素組み
MG MS-06 ザクⅡ素組み

首を曲げると連動してモノアイも動く仕様になっています。
呼ばれて振り返った感が可愛い。


武器の構え方を色々調整してみたバージョンの写真。

MG MS-06 ザクⅡ素組み

背景は前回の記事で購入した100均の背景ボードです。サイズ感とかパースは深く考えておりません。

MGシリーズ MS-06ザクⅡの進捗は今のところ以上です!
あとはスミ入れしてシールを貼って完成…のはず。ちなみにシールは貼るタイプと転写タイプの2種類が入っています。


ここからはオマケでフィギュアライズバストシリーズのラクス・クラインの製作過程です。
こちらは手短にいきたいと思います。

フィギュアライズバスト ラクス・クライン

一昨年の静岡ホビーショーで、外のくじ引きでゲットしたものです。
詳しくはこちらをどうぞ→『静岡ホビーショー2019』

今の今まで放置していたなんてそんなことは…
ブログに進捗こそ上げておりませんが、ミニ四駆フクロウは割とすぐに作りました。


ラクスの服のラインはシールが付いていたのですが、切り込み部分から剥がれてきそうなのと、塗装の練習も兼ねて塗ることにしました。ゴールドの塗料を持っていたので髪飾りもついでに塗りました(※髪飾りはゴールドの上からクリアーオレンジ)

フィギュアライズバスト ラクス・クライン製作途中①

ここまでは白い部分にマスキングテープを貼るなどしてそれなりに塗装。順調順調。

…と思っていたのですが、乾ききる前に触ってしまってぐにゃりとなったりして、上から塗り直していたら厚くなってしまいました。
ネイル塗りながらたまにやるやつですね。いや、他の人もやるかどうかは知らないですけど。


フィギュアライズバスト ラクス・クライン

結果、服のラインは割とゴワゴワした仕上がりに。
塗装上手くなりたい人生だった…
_(꒪ཀ꒪」∠)_

外箱写真の斜めから見た角度だと「顔の作りが微妙じゃない?」という印象でしたが、正面から見ると別に普通でした。ゲーセンで時々見かける作りが微妙なフィギュアと大差ないです。

フィギュアライズバスト ラクス・クラインとミニチュアのカレーライス

右手の感じから「トレーとかお皿とか乗せられそう」という謎の発想に至ってしまったので、過去にガチャガチャでゲットしたミニチュアのカレーライスを乗せてみたところ、サイズ感が実に丁度良く。

フィギュアーツに持たせた時はカレーライスが大きくてどうしようかと思いましたが、いやはや合うサイズのフィギュアに巡り合えるものですね…と謎の感動すらあります。

フィギュアーツの仮面ライダーブレイドにカレーライスのミニチュアを持たせてみた図はこちらの記事参照→『仮面ライダーカリスのフィギュアーツが届きました』 


なんかラストの方、プラモデル製作というよりカレーライスの記事みたくなってしまいました…
深夜テンションで記事を書くとこんな感じになってしまいますので、今回はこのあたりで。

ホーム»玩具・グッズ»プラモデル»MG初挑戦の『MS-06J ザクⅡ』&フィギュアライズバスト『ラクス・クライン』

ランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです
°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ