ポケットモンスター ソード・シールド 冠の雪原 始めました

土曜がオフでしたので金曜の夜に冠の雪原ダウンロードして、バイトくんと明け方までダイマックスアドベンチャー、飽きたら時々ストーリーみたいな流れで遊んでおりました。

その後は軽く仮眠してから、昼はくら寿司に行って鬼滅コラボガチャにチャレンジしたり、午後はPS4で原神を始めたり(※これはまた別の記事で書いていこうと思っております)していたので、土曜夜の時点で伝説(準伝説含む)12体しかゲットできておりませんけれども。
ストーリーもバドレックスの厳選で止まっておりますけれども。

ゲットしたポケモンはこんなところ

任天堂ガイドラインを読んだ限りでは、広告付きのブログに直接スクショを貼るのは著作権的にアウトのようですので、Twitter埋め込みで引用するなどしました。

ディアルガ、自分の方は普通だったのにバイトくんの方は色違いが出てきたりしてちょっと羨ましい。
自分はポケモンはBW以降しかプレイしていないのですが、当時出てきたポケモンはやはり懐かしいと思うので、初代からずっとやってる人は色々思い出があったりして感慨深いんだろうなあ。
なんでみんなこの巣穴に集まっているんだとかそういうことは考えないでおこう
あと、ここで手に入る伝説ポケモンは今のところみんな4Vでした。

ダイマックスアドベンチャーは手持ちのポケモンを連れて行くのではなくレンタルの中から選ぶ仕様。
道中でゲットしたポケモンと入れ替えが出来るので、一番奥にいるポケモンのタイプ(※2種類持ちでも1種類しか表示されない)を見ながら「これは何だろうか?」と予測しつつ、有利なタイプのポケモンが集まるように進めていきます。
私は予測出来るほどの知識量がないので基本バイトくんに丸投げです。

途中で研究員さんがランダムでポケモンを入れ替えてくれたり(これがギャンブル過ぎて私達の間では研究員ガチャと呼んでいる)、バックパッカーさんがアイテムくれたり、木の実で体力回復できたりするので分岐選びはとっても大切。Rスティックでスクロールして先の分岐がどうなってるか確認できます。
残り1秒くらいのところで「やっぱり右にしましょう」とか言われるの勘弁していただきたく。

タイプ有利な手持ちを連れて行くのと比べて不自由な分だけ、勝てた時の成功報酬感すごい。
カイオーガとか3回くらい挑んで「ああ、もうちょっとでいけそうだったのに…!!」というのを繰り返しつつ、本当に運ゲー勝ちしました(最後のターンでこんげんのはどうを使われていたら確実に終わっていたところを、アクアリング使ってきたので4回落ちずに済んだ)
こういう時にマラカッチ来てくれないの何故なんですかね。スイクンの時はマラカッチのちょすいで余裕でした。

ちなみにキュレムにはもう4~5回挑んでるのに全然勝てなくて、今のところ「伝説最強」と勝手に呼んでおります。まだ全部出てきたわけではないのでもっとやりづらいのがいるやもしれませぬ。


アドベンチャーの方はバイトくんとプレイヤー2人、人数足りない分をCPU2人で挑んでいって、ソロの時は極力ストーリーを進めていきたいと思います。鎧の孤島がストーリー自体はそんなに長くなかったので、今回もすぐに終わるかしら。

ストーリーの方は元ジムリーダーの親父さんに癒されております。
意外と村長さんも個人的にツボ。

あと冷静に考えてみたら、自分ポケモン対戦とかに繰り出すわけではないのでバドレックスそんなに厳選しなくても良くなくないですか…?!!
そもそも本体と馬を分けて個体値チェックするってどういうことなの