【映画感想】名探偵ピカチュウ

5/9に観に行った映画なのですが、感想書くのが遅くてブログの時系列がよくわからない…
今回は軽い感想でそんなにネタバレしておりませんが、一応大丈夫という人のみ下スクロールどうぞ。










ピカチュウが難しい表情や哀しそうな表情をしている時に眉間のあたりにシワを寄せまくるのですが、このシワチュウが最強にツボでした!なんていうかきゅるんとした感じのピカチュウではない、中途半端に可愛くない感じが逆にハマるというか。

吹き替え版で見てきたのですが西島さんのオッサン声もハマってて良かったです。その他は三木さんや林原さん、うえたゆうじさんなどアニメ版の声優さんを結構起用している感じでした。
個人的に好きなのはコイキングがギャラドスになるシーンとか。その他にもポケモン達がバトルしている映像がとにかくカッコイイ。
序盤の方でポケモン達と共存している街の風景が出てくるのですがカビゴンが思ったより小さくて、帰りの車の中で三狼さんと「あいつは道を塞げない」などと話しておりました。

そしてスタッフロールの前に出演したポケモンやキャラをゲームっぽい音楽&公式絵で紹介していくエンディング映像が入るのだけどこれがまためちゃくちゃ良かったです。
洋画版は正直期待しておらず「B級映画っぽいけど話のタネにでも」と思って観に行ってしまってすいませんでした!

ちなみに今回が4DX映画初体験です。顔に風とか当たって落ち着かない
3Dは遊戯王5D’sの時のパラドックスさん出てる映画から!
…と言いたいところですが、昔の赤青メガネで飛び出す映画を3Dにカウントするとなると小学生くらいの頃になんか観た気がします。そんなんもう忘却の彼方なんですけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA