ジオウ 28話感想

ジオウ28話はもう全体的に良かった。
未視聴の方もいるかと思いますので余白入れます。ネタバレ大丈夫という人のみ下スクロールどうぞ。
あと今回は少し剣本編のネタバレにも抵触しているので、ご注意ください。










ゲイツは黒ウォズと、ソウゴは加古川と戦ってボロボロになりながらも決着をつけるため約束の場所に向かうところからなんかもうエモいし、そこでの友達云々のやりとりもエモいし、そこにアナザージオウが現れてソウゴを倒そうとするもゲイツが止めて「俺の友達だ」発言からのコンビネーションの取れた共闘とかもう最高にエモい。

こいつエモいしか言ってないな。どこいった語彙力
(;・∀・)

とにかくここまでの時点で既に王道少年漫画のような熱さ。
そして、いざ決着という場面でクジゴジ堂に帰ってきて欲しいと伝えるソウゴ。
素直に「寂しいんだよね!」とゲイツに伝えてるシーンが、ああああ叔父さんが前回怒ってくれたから…と思いながらめちゃくちゃ目頭が熱くなりました。
「いいな、帰れたらいい」「だがツクヨミはもう…」というタイミングでツクヨミが2019年に戻って来て、2人が戦うのをやめさせようとしてるのを見てソウゴとゲイツが思わず笑い出すシーンとかもう最高にエモかったです!!!

で、クジゴジ堂に帰ったら先客がいるとかでちゃっかり住み始めてる黒ウォズ。このメンツでわちゃわちゃ暮らすのいいなあ…。
なんだよ今日はただの神回だったか。

そして更に次回予告でトドメをさされる。

ブ、ブレイドとカリス出るなんて私聞いてない!
ლ(‘꒪д꒪’)ლ

オープニングの時点で「NEXTレジェンド?ディエンドでしょ。知ってる!」くらいにしか思ってなかった(※ディエンドは出るという情報が先に出ていた)ので不意打ち感がすごい。
剣からは剣崎、始、天音ちゃんがオリキャスで出ます。
なんだなんだ今日は予告まで神回なのかよ…
_(꒪ཀ꒪」∠)_

その後はTwitterを眺めていたら『アナザーブレイドとブレイドが同時に存在している』とか『アナザーブレイドの年号が2019になってる』とか『剣崎と始の血が赤い』とか様々なツイートが出ていて、みんな良く観てるなあーと感心。
ていうか今までのアナザーライダーの設定と違う…?
仮面ライダー剣の歴史が無くなったら剣崎の血が赤くなるのはわかるんですけど、始はどういう設定なの?? 人間になったの??
あと次回サブタイが『ブレイド・ジョーカー!? 2019』でジョーカーという文字が入ってるのでジョーカーの設定は生きてるってこと??

などと疑問符ばかり浮かんできて、兎にも角にも来週が待ち遠しいのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA