ジオウ オーズ回の感想

火野映司がオーズにならない歴史でも火野映司は火野映司なんだなあーと思うオーズ回。
先週はなりを潜めていた比奈ちゃんの怪力も見れたし、変身したら「ハッピーバースデイ!」と言ってくれたし、そしてなにより本棚の隙間からすごい見てるキヨちゃん人形が好き過ぎました
(´∀`*)
キヨちゃん人形は先週も出てるけど後ろ姿だったので。

などとそれなりに楽しんで視聴していたのですが、ただ、いつかの明日のことを考えるとつらい気持ちになるのがジオウの複雑なところです…
あと檀黎斗王の中では神より王の方が格上という認識でどういうことなの…??
檀黎斗もトリロジーの終わり方が綺麗だったので、ものすごく複雑な気持ちになります。
あれ?でも2010年で歴史が変わってたら九条貴利矢は消滅してないからなんの問題もないってこと?ただの6歳児ってこと?(6歳児じゃない)

そんなこんなで本編軸の話が無かったことになるのに寂しさを感じているわけですが、これ本編で最強に美しい終わり方(※超個人的見解)をしている剣の歴史が変わってしまったりしたら、そんなの私が耐えられるだろうか…
本編最終回が至高過ぎてif軸のMAですら受け入れきれてない心の狭さだというのに。
そして剣本編の正式な続編はドラマCDからのゴライダーです!!! よし落ち着こうか!

来週は鎧武回で紘汰さんが…!
Twitterの御本人アカウントでも全然違う作品の告知や学祭などのイベント告知ばかりだったので「まあ、忙しかったらジオウ出れなくても仕方ないよね」くらいにしか考えてなくて全くノーマークでした。
鎧武はミッチ推しなので出演が無理でも画像だけでも映らないかなーなどと思いつつ、ああああでも歴史が変わるなら初瀬ちゃんと城乃内とドリアンがわちゃわちゃしてるところが観たい(ただの願望)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA