劇場版ルパパトとビルド

三狼さんとルパパトとビルドの映画観に行ってきました!
午前中に映画観てランチに行く流れ。日曜に出掛けるときは「ニチアサはリアタイ出来ないけど帰宅してから観るから」くらいのスタンスなのですが、映画の後に何気にTwitter開いたらタイムラインで割とアレな内海のネタバレを踏むなどした。そりゃ放送後だから感想も流れてくるでしょ。割と自業自得なんですけど。

劇場ではパンフとパンドラボックスチャームを購入。パンドラボックスチャームは結構ずっしり重量感あるので鍵とか付けてキーホルダーとして持ち歩くには重たいかもです。
ちなみに自分はフィギュアーツに持たせる用に買ったので、帰宅後すぐに金具取り外しました。

S.H.Figuarts スターク

相変わらず椅子はこれかよ。

映画の来場特典カードはビルドが戦兎、ルパパトは咲也と透真でした。三狼さんはヒゲとノエルを引いてました。
圭一郎先輩欲しかった…ッ!!!

ここからは映画の感想なので、ネタバレ大丈夫という人のみ 下スクロールどうぞ。










まずルパパトから。
TV版でもバトル中のカメラワーク凝っててカッコイイんだけど、映画OP流れてる間ずっとアクションシーンでかなりのカッコ良さに冒頭から謎の感動。
後半で出てくるロボアクションもカッコイイ。ロボ2体で闘うんだけど、ジャックポットストライカーと合体したルパレンのロボが羽根付きですごいデザインがツボでした。
ストーリーはルパンレンジャーとパトレンジャーが一時休戦で協力するんだけど、赤コンビ好きな人には超オススメ。
「真面目なおまわりさんはズルい事しないでしょ」とか「国際警察の権限で実力を行使してるんでしょ」とか、魁利は圭一郎の扱いが上手いなあ。(ちなみに台詞はうろ覚えです)
あとノエルはそんなに見せ場がありません。
ラストに反対方向に歩き出しながら2人が笑顔になるのがまた良い。同じ方向を向いて笑顔で歩いてくビルドと対になるように作ってあるのかしら…
(´ρ`)

ビルドの方は相変わらずギャグなど入れつつラブ&ピースにまとめてありました。
TV版ではあんなに重たかった内海に対するヒゲの土下座があまりにあっさりしてて、「軽っっ!」ってなった。
あとビルドクローズ変身シーンの『Are you ready?』に対する万丈の「ダメです!」の返しが好きです。
伊能が変身するシーンは色々ボイスが被って若本さんがごちゃごちゃした感じになってて、そりゃヤベーイ!って言いたくなりますわ。
あと、途中で出てくる小型犬が可愛すぎた。
エンドクレジット眺めてたら女性都知事の変身後の名称がシザーズロストスマッシュだったことに気が付いて、一瞬「か、蟹刑事!!」と思ったけど蟹刑事はシザースでした惜しい(別に何も惜しくない)

エンドクレジット後のジオウは次の映画にどう続くのか楽しみです。
ていうか前回の冬映画が平成ジェネレーションズFINALだったので次はどういうタイトルになるのかなーと思ってたら、普通に平成ジェネレーションズがファイナルじゃなかった件。

完全に余談ですが、犬飼くんと勝村さん出てると先日の『ミラクル9』のタカユキ回を思い出してしまう…

これから今日の分のビルドとルパパト観ますー。
エアロビ回すごい楽しみ(´∀`*)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA